恩納村ボート講習

ボート講習がお得な金額に。あの青の洞窟にも行けちゃうかも。

「リフィーダイビングクラブ」沖縄のダイビングライセンス講習はおまかせ

沖縄でダイビング、PADIライセンススクールは「リフィー」

恩納村ボートダイビングは片道5分〜10分。ストレスなくライセンス講習に打ち込めます。

HOME > トピックス > 恩納村ボート講習

恩納村方面ボートダイビング講習

恩納村ボート講習

■恩納村方面のボートダイビングをご紹介。ライセンス講習の方にもおすすめ。

1.恩納村方面ボートダイビングの特徴

・沖縄本島中部の前兼久漁港(那覇から一般道で1時間程度)から出港します。
・ダイビングポイントは、真栄田岬方面(片道10分)、山田(片道5分)、谷茶(片道15分)に潜ります。どこのポイントも片道5分〜15分以内です。
1ダイブ毎に帰港し、陸上で休憩できるので、船が初めての方、乗り物に弱い方も安心してボートダイビングを楽しむことができます。
・出港は午前2便(9時、10時30分)、午後2便(13時、14時30分)になります。久しぶりのダイビングで最初はビーチで潜りたいという方にもおすすめ。1ビーチ、2ボートダイビングという組み合わせも可能ですよ。お気軽にお問合せください。
・ボートタイプは船縁の低い釣り船スタイルで船内にはトイレがついています。(港にはシャワーはございます。)
・船内にお持ちになる荷物は最小限に、また波をかぶる恐れもございますので水に濡れて困るものはお持ちにならないようにして下さい。

2.恩納村のダイビングポイントの説明

・【真栄田岬・ツバメの根】言わずと知れた沖縄を代表するディープスポット。水深30mオーバーまでスコーンと抜けたドロップオフが爽快です。ヤシャハゼやネジリンボウ、ホタテツノハゼなどレア系ハゼや、各種ウミウシが豊富に見られる上級者向けです。
・【真栄田岬・青の洞窟】こちらも超有名ポイント。半水面のドーム内にダイビングで入ることができ、帰りは太陽の光が差し込んで、出口がブルーに浮かび上がる神秘的なポイント。洞窟といっても上半分は水面に出ているので初心者の方でも楽しめます。
・【真栄田岬・もぐりん】以前、水中潜水艦「もぐりん」が餌付けしていたことにちなんで名前がつけられたポイント。ツバメウオが多いときは30匹〜40匹がキレイに整列するときもあります。また、運がいいとカメが見れることもあります。
・【山田】当店おすすめ。日本に生息するクマノミが1ダイブで全種類(ノーマル、ハマ、ハナビラ、セジロ、カクレ、トウアカ…計6種)見られます。また、ハマエダサンゴが群生しているところで、慶良間にも劣らないくらいの濃い魚群が特徴。マニアックなマクロダイブも楽しむことができ、何回潜っても飽きないポイントです。
・【谷茶】リザンシーパークホテルの沖合。気持ちいい砂地が広がり、ガーデンイール、カマスの群れ、カクレクマノミなどが見られます。ときにはマダラトビエイなどの大物に遭遇することも。また、浅場はソフトコーラルもキレイに群生しています。

3.参加にあたっての注意点

・ダイビングライセンス(Cカード)取得・海洋2日目(最終日)、PADIステップアップの方がご参加頂けます。
・オプション乗船代が通常は税別7,000円/日となりますが、2ダイブまでという条件で税別5,000円/日となります。(3ダイブの場合は7,000円/日)
・ライセンス(Cカード)取得・海洋2日目(最終日)のお客様については、海洋1日目で水中スキルに問題が無ければおすすめしています。