納得の料金:ライセンス取得

お店よってライセンス取得の料金は様々だけど…。

「リフィーダイビングクラブ」沖縄のダイビングライセンス講習はおまかせ

沖縄でダイビング、PADIライセンススクールは「リフィー」

格安と言われている沖縄のダイビングライセンス取得コース。その理由をご説明いたします。

HOME > ライセンス取得 > 納得の料金

ライセンス取得の料金について

■沖縄でダイバーに!納得の料金

  1.何をやるの?ライセンス講習期間はどのくらい?
  2.お金はいくらかかるの?
  3.ライセンスを取得した後は?


1.何をやるの?ライセンス講習期間はどのくらい?

・まずは沖縄へ来る前にご自宅にて学科のお勉強。これは事前に送付したレッスンDVD、オープンウォーターダイバーマニュアル(テキスト)を見ながら、章末の練習問題の穴埋めをやってくるだけ。DVDが約3時間、練習問題の穴埋めが約5時間程度。もちろん、自主学習なので、ご自宅にて自分のペースで好きな時間にやることができます。

・沖縄へ到着後は事前学習の確認。事前学習ではわからなかった部分、わかりづらい部分をしっかりと理解できるまでご説明致します。余裕があれば、ファイナルエグザム(50問4択問題)までやってしまいます。事前学習をしっかりやってきて、間違えたところ、わからなかったところを理解できていれば、余裕でクリアできるはず。それでもダメなときでも、何回でも再挑戦できますよ〜。

・最初は浅場でのダイビングスキルの練習。足のつく深さの水中で、約3時間程度のスキル練習を行います。一番の難関は「マスク脱着」。これは、水中でマスクを一度はずして、また元通りに装着するというスキルですが、これがスムーズに出来るようになれば、その他のスキルは余裕でクリアできるはず。

・今度は足のつかない深場でのスキルの練習(2日目:2ダイブ、3日目:2ダイブ)。浅場での練習と同じことを繰り返してやるだけなんで、落ち着いて焦らないでやれば大丈夫。スキル練習の後は、美しい沖縄の海を堪能できる、楽しい水中ツアーもありますよ。

・最後は申請用紙に必要を事項を記入しておしまい。沖縄ですぐにファンダイビングしたいという方も大丈夫。仮のライセンスカードをその場で発行します。正式なCカード(ライセンスカード)は約2週間〜3週間程度でご自宅まで郵送されます。


2.お金はいくらかかるの?

・ライセンス取得といっても、料金は2万円代後半〜7万円代前半まで様々。でも何が違うの?と疑問に思いませんか。

・絶対必要な費用としては講習費ですが、このほかに、器材レンタル代(沖縄のダイビングショップの相場:3,000円〜5,000円/日)教材費(相場:6,000円〜10,000円)が講習料とは別にかかってきます。(無事に講習を終了できた後は、さらにダイビング指導団体に支払うCカード申請料3,675円が必要です。)

・リフィーでは、ライセンス取得に必要な全ての費用(講習料、申請料、器材レンタル、教材費)が含まれた安心の総額表示です。格安を売りにしているショップの中には、講習費のみを大きく表示し、そのほかに必要な教材費、Cカード申請料、器材レンタル代をわかりにくく表示してある場合があるのでご注意下さい。

・教材については、オープンウォーターダイバーマニュアル、リクリエーションダイブプラナーテーブルとその説明書、ログブック、トレーニングログブック、スチューデントレコードが講習費に含まれています。もちろん事前送付の送料も込みです。


3.ライセンスを取得した後は?

・自由に水中世界を堪能できるファンダイビングを満喫できます。自己PRの欄に、新たに、趣味「スキューバダイビング」と書くことも可能。

・当店で発行するライセンスカード(PADI Cカード)は世界中で通用するので、沖縄だけでなく、海外の南国リゾート(サイパン、ハワイ、オーストラリア、モルディブ、バリなど)を潜り倒すなんてこともできます。

・何よりもリフィーでは、さらなるレベルアップのための上級ライセンスコースが充実。世界中、どこの海にいっても通用するテクニックと、資格を整備することが出来ます。アマチュアダイバー最高峰の資格「マスタースクーバダイバー」にチャレンジしてみましょう!


リフィーダイビングクラブ代表 田甫英之