沖縄那覇ダイビング、ライセンス取得はリフィーダイビングクラブ

コンディション抜群の砂辺。レスキューダイバー無事認定です。

沖縄でダイビングならリフィートップ  > 海日記アーカイブ(記事検索ページ) >   2009年4月 > リフィー海日記(2009年4月3日)

リフィー海日記(2009年4月3日)

■レスキュー認定

今日は砂辺でレスキューダイバーコースを開催。
昨日の浅場のトレーニングの成果もあって、
今日のゲストはちょっと頼もしく見えましたね。

海のほうはベストコンディション。
透明度も20mはあろうかと思うくらいにクリア。
時折、太陽も顔を出して、
キラキラ輝くソフトコーラルがとってもキレイでしたよ。

ただ、またもやウミウシ中心のガイドになっちゃいましたが…。
まずはミドリリュウグウウミウシ。
砂地にポツンと丸まってましたよ。
ミドリリュウグウ

リュウグウベラギンポ。
ふわふわ群れてホバリングするみたい。
とゆーと、この固体はなかなか肝が据わってるな。
リュウグウベラギンポ

80mmはありそうなビックなタヌキイロウミウシ。
ちゃんとフラッシュ有りで撮ればキレイな緑色。
デカイのでツノにピントを合わせて見ましたよ。
タヌキイロ

定番ですがレモンウミウシ。
砂辺ではよく見られる種類ですが、
よーく近づいてみれば体表面がリアル。
まさにイエロースポンジですな。
レモン

人造物マニアにはたまらない鉄管。
直径800mmくらいで思わず中を覗き込んじゃいます。
鉄管

ハナミノカサゴは胸鰭全開。
とってもキレイな若い固体でしたよ。
ハナミノカサゴ

ガレ場ではヒメコモンウミウシを発見。
ツノの質感もばっちりピントあいましたよ。
ヒメコモン

水玉サンゴが多いポイントですが、
そこにはいろんな生き物達が住んでますよ。
まずはイソギンチャクモエビ。
お尻フリフリ、まさにシャチホコですな。
イソギンチャクモエビ

こちらはミナミクモガニ。
こいつはモジャモジャがマックスでしたね。
ミナミクモガニ

最後は波に揉まれながらも、
意識不明ダイバーを救出していただき、
ばっちりレスキューダイバー認定ですよ。

と、これで終わりではなくって、
今晩は楽しい楽しいナイトダイビング。
ご報告は明日になりますよ。

あ、そういえば今日はシーサーの日(4月3日)ですね〜。

※他の日付については、リフィー海日記(2009年4月)をご覧下さい。
※コメントはgooブログ版海日記をご覧下さい。