沖縄ダイビングライセンス:レスキューダイバー

今日の砂辺はスコーンと抜けて透明度抜群でしたよ。

沖縄でダイビングならリフィートップ  > 海日記アーカイブ(記事検索ページ) >   2009年3月 > リフィー海日記(2009年3月17日)

リフィー海日記(2009年3月17日)

■スコーン

レスキューダイバーコース最終日。
沖縄本島中南部の砂辺に行ってきました。
波高1m、抜群のコンディションで、
透明度はスコーンと抜けて20mオーバーでしたね。

まずはカメラのウォーミングアップにカクレクマノミ撮影会。
ゲストのほうは、実は昨日が水中カメラデビュー。
いろいろと設定をいじってもらいましたが、上手く撮れたかな。
レスキューダイバーコース中でも、
トラブル発生までは普通にファンダイブを楽しめますよ。
カクレクマノミ

砂辺ではよく見られる水玉サンゴの住人、
バブルコーラルシュリンプです。
バブルコーラルシュリンプ

同じくこちらはオラウータンクラブ。
最近はちゃんと和名もついてミナミクモガニ。
あちらこちらで5固体ぐらい見ましたよ。
ミナミクモガニ

これは魚じゃなくってタカラガイの一種。
セムシウミウサギですよ。
あ、昨日はアメフラシを紹介したような気が…。
紛らわしいけど、日本ではこいつをウミウサギと呼ぶみたいです。
セムシウミウサギ

名物のグルクマは浅いところでグールグル。
アゴが全開、かなり気合の入った顔をしてます。
ソフトボールくらいならパクッと入っちゃいそうですね。
グルクマ

2本目はポイントを変えて…、お隣のNo2へ。
お馴染みのツマジロオコゼはリーゼントばっちりです。
しっかりポージングして動かないので、写真も撮りやすいですね。
ツマジロオコゼ

すっかり数が減ってしまったウルトラマンホヤ。
ホヤの成長って、ものすごく遅いみたいですな。
ウルトラマンホヤ

思わず撮っちゃうガラスハゼ。
ピント合わせが難しいんですよねぇ。
撮る人の集中力が試されますな。 ガラスハゼ

全身丸出しで泳いでいたクモウツボを激写。
「何でも無いよー」って顔してますが、
かなり本人は焦っているみたいで、ダッシュで岩陰に隠れちゃいました。
クモウツボ

最後はばっちり意識不明ダイバーを救助してくれたゲスト。
ブランク明けで最初は器材セッティングもうろ覚えな雰囲気でしたが、
今日はとっても頼もしく見えましたよ。
本日のゲスト

次回は水中フォトスペシャリティーコースでもお待ちしておりますよ。
もちろん、目指すはマスタースクーバダイバーですな。

ちなみによくブログを見てる人は気づいたかも知れませんが、
ウミウシの紹介がまったく無しです。
今日も10種類以上のウミウシを見てきたので、
明日、詳しくご紹介。

※他の日付については、リフィー海日記(2009年3月)をご覧下さい。
※コメントはgooブログ版海日記をご覧下さい。