沖縄ダイビングライセンス:レスキューダイバー

アメフラシ、中国語では海兎というそうな。

沖縄でダイビングならリフィートップ  > 海日記アーカイブ(記事検索ページ) >   2009年3月 > リフィー海日記(2009年3月16日)

リフィー海日記(2009年3月16日)

■海兎

今日は沖縄南部の奥武島に行ってきましたよ。
レスキューダイバーコースでみっちり特訓です。
コンディションのほうは湖面のようにツルツル。
透明度も15m近くありそうなぐらいに見えてましたよ。

最初はレスキュートレーニングセッション。
慣れてない水面でのスキル練習に、
若干足がつりかけてましたが無事終了。

水中ではまずはニシキフウライウオ。
カメラおろしたてのゲストには、
バシャバシャ撮ってもらいました。
ニシキフウライウオ

沖のでかいサンゴもとってもキレイ。
ミスジリュウキュウ、ネッタイ、デバスズメダイがコロニーを作ってますよ。
デカサンゴ

上手に擬態しているタコも発見。
この後、穴から出てきてもらって遊んでもらいましたよ。
テルテル坊主みたいな体で、
びっくりなぐらいの速さで泳ぐんですよね。
タコ

よく見かけるアオフチキセワタガイ。
砂地にブルーが映えますね。
アオフチキセワタガイ

あまり見栄えがしないウミウシですが、初めて見た。
カキシブオトメウミウシかな。
乙女という名前からはちょっと想像できない雰囲気ですが。
カキシブオトメウミウシ

最近マイブームなホタテウミヘビ。
残念ながら口の先までしか出てくれなかった。
猫みたいな目が可愛いのですが。
ホタテウミヘビ

凶暴なクマノミに保護されているニセアカホシカクレエビ。
ちょろちょろとクマノミが噛み付きにくるので、
追い払いながら写真を撮るのは大変ですな。
ニセアカホシカクレエビ

サザナミヤッコの幼魚はフラフラと泳いでました。
もう少し大きくなったら、
この内湾からも旅立っていきそうですね。
サザナミヤッコ

最後はクロヘリアメフラシ。
中国語ではなんと海兎と書くらしい。
頭部の突起物がウサギっぽく見えるからだそうが…。
よくわかりませんな。
アメフラシ

もちろん、ダイビング中にはレスキューシナリオ練習もやりましたよ。
突然発生するトラブルに、
あざやかに対応していただきましたよ。
明日もこの調子でがんばりましょう。

※他の日付については、リフィー海日記(2009年3月)をご覧下さい。
※コメントはgooブログ版海日記をご覧下さい。