沖縄ダイビングライセンス

セミエビの抜け殻がありましたよ。生きていれば「ゴン太君」の愛称。

沖縄でダイビングならリフィートップ  > 海日記アーカイブ(記事検索ページ) >   2009年3月 > リフィー海日記(2009年3月13日)

リフィー海日記(2009年3月13日)

■スリッパーロブスター

今日は沖縄南部でダイビングライセンス取得コースです。
昨日の学科に引き続き、海のほうもばっちりでしたね。

雨の予報でしたが、意外と天気のほうが持ってくれました。
最高気温は25度、水温は22度と上昇中。
ただ、暖かいのも本日まで。
明日から北風ピューピュー、ガツンと冷え込むみたいです。

ゲストのほうは水中でも終始、落ち着いておりましたね。
じっくり、まったりと珍しい海の生き物達を
観察できたのではないでしょうか。
まずは定番のクマノミ、・・・ではなくって、
その隣のニセアカホシカクレエビをご紹介。
スケスケなので、イソギンチャクの色が体を通しても見えるね。
ニセアカホシカクレエビ

久々に見たニシキツバメガイ。
いかにもアジアンテイスト溢れる色彩です。
ニシキツバメガイ

クチナガイシヨウジはサンゴの隙間をヒョロヒョロと。
めちゃめちゃ口が長いですな。
クチナガイシヨウジ

こちらはブルーの縁取りが一際目立つアオフチキセワタガイ。
キセワタガイ科のウミウシはほんと動きが速いです。
足も無いのによくこんなに高速移動ができますな。
アオフチキセワタガイ

モンハナシャコは穴からひょっこり。
一度見たら忘れない存在感のある顔、そしてアグレッシブな性格。
カメラを向けると飛びかかってきそうな勢いしたよ。
モンハナシャコ

こちらはコナユキツバメガイ。
なんだか最近見かけるやつはみんな黒っぽい。
これでは粉雪感がいまひとつですな。
コナユキツバメガイ

スリッパーロブスターことセミエビ。
・・・、ですがすでにもぬけの殻。
これではただのスリッパにしか見えませんな。
中身が入ってて、ちゃんと生きていれば、
つぶらな瞳がとってもキュートなので、ゴン太君の愛称ですよ。
スリッパーロブスター

タコもいたよ。
岩の中に吸い込まれるように、
ものすごく小さな穴に逃げ隠れていきました。
タコ

ラストはまさに鬼の形相、ハナミノカサゴ。
これだけメンチ切れる魚ってなかなかいませんな。
ハナミノカサゴ

明日は北風ピューピュー、波高4mの大時化なので、
島影、湾内のKIN REDあたりが濃厚です。
すでに欠航決定のボートもあるみたいですな。
安全第一、海洋レジャー関係の人は気をつけましょうね。

※他の日付については、リフィー海日記(2009年3月)をご覧下さい。
※コメントはgooブログ版海日記をご覧下さい。