今日も発見、ホタテウミヘビ。最近は遭遇率が高くなってきました。

リフィー海日記

沖縄でダイビングならリフィートップ  > 海日記アーカイブ(記事検索ページ) >   2009年3月 > リフィー海日記(2009年3月10日)

リフィー海日記(2009年3月10日)

■ホタテウミヘビ

ダイビングライセンス取得コースで奥武島に行ってきました。
昨日の学科に引き続き、海のほうもほぼ完璧でしたね。
危なげなく講習を終了することができましたよ。

ただ海のほうのコンディションはちょっと微妙。
すっかり霧の中って感じになっちゃってますね。
この時期にもかかわらず、なぜかポイントは満員御礼なくらい。
やはり卒業旅行シーズンで若い人たちが多かったですね。
霧の中

それでも当店、早めのスタートで、
そこそこ空いている海へ潜ることができましたよ。
まずはホタテウミヘビ発見。
最近はかなりの確率で見つけることができますが、
さらっと上を通るぐらいでは判別できませんな。
ホタテウミヘビ

最近、ゴロゴロ見られるコナユキツバメガイ。
なかなかキレイめのウミウシですよ。
コナユキツバメガイ

定番のニシキフウライウオは子供のほう。
魚としてはかなりレア度が高いんですよ。
おそらく今日はこの後、
数多くのダイバーに注視されることでしょう。
ニシキフウライウオ

沖縄といえばやっぱクマノミ。
ニモではない種類ですが、元祖クマノミですね。
クマノミ

こちらは種類が変わってハマクマノミ。
体の白い線が一本であることで確認できますよ。
ちなみにニモはカクレクマノミ。
ハマクマノミ

ハナミノカサゴはバックを黒抜きで。
オーバーハングの下に4固体ぐらいフワフワしてましたね。
ハナミノカサゴ

普通のダテハゼ。
いやいや、よーく見てみればお腹に黒い塊が。
実はコレ、スミゾメキヌハダウミウシ。
ハゼ類の背びれや胸びれを食べちゃうらしい。
何も知らないダテハゼ君がちょっぴりかわいそうになりますな。
スミゾメキヌハダ

ラストは初見かもしれないエンジイロウミウシ。
ん〜奥武島、ほんと奥が深いポイントです。
意外な生物がザクザクと出てきちゃいますな。
エンジイロ

明日は東風で海況もいいのでボート講習。
久々に恩納村方面の真栄田岬「青の洞窟」ですよ。

※他の日付については、リフィー海日記(2009年3月)をご覧下さい。
※コメントはgooブログ版海日記をご覧下さい。