沖縄ファンダイビング

地元ダイバーと慶良間へ。水中フォトSPも開催です。

沖縄でダイビングならリフィートップ  > 海日記アーカイブ(記事検索ページ) >   2009年3月 > リフィー海日記(2009年3月8日)

リフィー海日記(2009年3月8日)

■水中写真

今日は沖縄在住のゲストと慶良間でファンダイビング。
週間予報では雨濃厚でしたが、
なんと朝の予報では晴れに変わってましたよ。
勿論、ときおり太陽も顔を出し、
気持ちよい海日和でしたね。

ちなみにゲストのほうは地元ダイバー。
水中フォトスペシャリティーコースも開催です。

まずは黒島南。
沖まで出れば、透明度抜群で、
この時期の名物、クジラの鳴き声もガンガン聞こえましたよ。
そしてかっこいいサメが登場。
いつもはアホみたいに寝てるネムリブカも
泳いでるとさすがにクールですね。
ホワイトチップシャーク

2mオーバーのデカいウミウチワ。
ワイドレンズ新調したゲストの方、上手く撮れましたか。
28mmレンズではこれが限界ですな。
ウミウチワ

2本目は唐馬。
まったりのんびりお昼休憩ポイントです。
砂地ですが、意外と透明度も良かったですよ。

一際目立つアカフチリュウグウウミウシ。
まさに蛍光オレンジで縁取りしてあります。
アカフチリュウグウ

お馴染みのハダカハオコゼは2固体確認。
小さいほうはほんとに真っ白。
まさにピュアという表現がぴったりかも。
ハダカハオコゼ

ジョーフィッシュは粘って、粘って、
やっとお顔を拝見できましたよ。
目がクリクリ、動きもすっごくキュートですよ。
ジョーフィッシュ

ラストは慶良間では有名な野崎。
なんといってもサンゴの絨毯には感動です。
これほどまで元気なポイントは他にないかも。
サンゴの絨毯

おやっと見つけたルージュミノウミウシ。
ミノ系にしてはとってもゴージャス。
でも思ったよりも小さいんですよね。
ルージュ

ドリフトで流したのでカメ捜索も。
泳いで泳いでなんとか2カメゲットです。
ん〜アゲインストでちょっとがんばりすぎちゃいましたね。
アオウミガメ

あ、ちなみにフォトコース受講のゲストの会心の一枚。
プリティーなカエルアンコウをばっちり撮ってくれましたよ。
なかなかセンスはあるかもしれませんね。

カエルアンコウ

これにておしまい。

3月後半はまだまだ空きのほうがございます。
地元の方も是非、遊びに来てくださいね。

※他の日付については、リフィー海日記(2009年3月)をご覧下さい。
※コメントはgooブログ版海日記をご覧下さい。