沖縄ダイビングライセンス

引き続き奥武島へ。マクロを中心にいろいろ見てきましたよ。

沖縄でダイビングならリフィートップ  > 海日記アーカイブ(記事検索ページ) >   2009年3月 > リフィー海日記(2009年3月7日)

リフィー海日記(2009年3月7日)

■心配無用

今日は昨日に引き続き奥武島です。
朝からずっと雨、さらには北風ピューピューで、
なかなか海況が安定しせんな。
ダイビングライセンス取得コースの最終日です。

昨日からですが、水中スキルはまったく心配無用、
サクサクとやっていただきましたよ。
あとはたっぷり水中ツアーを楽しみました。
昨日と同じポイントですが、
見るものはカブらないように…。
まずは極小のフジナミウミウシ。
またウミウシかよ〜って思いますが、
やはり目に付いたものはご紹介しちゃいます。
ん〜、ボールペンの先ぐらいの大きさでしょうか。
フジナミ

こちらはヒトデヤドリエビ。
うっすらとちゃんとハサミもあるんですよ。
といっても写真からは判別不能ですけど。
ヒトデヤドリエビ

アラレキンチャクフグ。
ここでは数が少ないですね。
色合いがとってもキレイです。
アラレキンチャクフグ

カエルウオが穴ぼこからひょっこりと。
出たり引っ込んだりとピョコピョコするのがプリティー。
若干ですが他のカエルウオ同様に鼻毛ボーンですな。
カエルウオ

ここでは珍しいヒョウモンウミウシ。
金武のレッドビーチではいっぱい見れるんですけどね。
やはり同じ東海岸、似たような生態系なんでしょう。
ヒョウモン

砂地にはニョッキリとホタテウミヘビ。
ウミヘビ…、いや実はアナゴの仲間なのでご安心。
どこ見てるかわからない瞳が気になります。
ホタテウミヘビ

ブルーがキレイなアオフチキセワタガイ。
結構好きなウミウシですけど。
アオフチキセワタガイ

こちらはビックなサラサウミウシ。
体長100mmオーバーで見応えたっぷり。
サラサ

ラストはミナミハコフグ幼魚の正面顔をどうぞ。
チャリンチャリーンと1円玉サイズ。
ゲストの瞳も思わずハートになってましたよ。
ミナミハコフグ幼魚

これにて無事ダイビングライセンス認定。
おめでとう!!!
次回は沖縄の本当にキレイなサンゴの海を見に行きましょうね。


※他の日付については、リフィー海日記(2009年3月)をご覧下さい。
※コメントはgooブログ版海日記をご覧下さい。