エマージェンシーファーストレスポンス(EFR)

EFR(救命救急法)とは心肺蘇生法、ファーストエイドについて

「リフィーダイビングクラブ」沖縄のダイビングライセンス講習はおまかせ

沖縄でダイビング、PADIライセンススクールは「リフィー」

レスキューダイバーを受講の際にはEFRの事前取得が必要になります。

HOME > PADIステップアップ > エマージェンシーファーストレスポンス

エマージェンシーファーストレスポンス(EFR)

リングアイジョーフィッシュ EFR人形 ヒトデヤドリエビ

■エマージェンシーファーストレスポンス

ダイビングライセンスコース名

最短
日数

ダイブ
本数

コース料金
(税別)

詳細

・エマージェンシー・ファースト・レスポンス

半日

学科のみ

15,800円

 人工呼吸、心臓マッサージなど(1次ケア)、また包帯の巻き方、病気の問診方法など(2次ケア)の基礎を学びます。  ダイビング中は勿論、それ以外の職場や学校でも、家族や友人の命を救う手助けをすることができます。  どなたでも参加することができ、レスキューダイバー、ダイブマスター取得の際には必要資格となります。

1.エマージェンシーファーストレスポンスとは

・エマージェンシーファーストレスポンス(以下EFR)とは、人工呼吸、心臓マッサージ(CPR)などの生命にかかわる重大な患者に対する1次ケアと、包帯の巻き方、病気の評価などすぐに生命にかかわらない患者に対する2次ケアを学びます。
・EFRを取得することで、日常生活の中での身近な大切な人の命を救うことができるかもしれません。
・また、レスキューダイバーを受講する際には必要不可欠な資格になります。

2.参加前条件

・参加にあたっては、2〜3時間程度の自主学習が必要になります。申込みが完了した時点で自習用教材を送付致しますので、開始日までに必ず仕上げてきてください。
・飛行機で沖縄へお越しの方は、到着日からも講習を開始できる場合があります。また、飛行機搭乗のある帰着日にも受講することが可能です。
・また、レスキューダイバーコースと組み合わせて、丸2日間での講習スケジュールを組むことも可能です。

3.サンプルスケジュール(海況状況、天候により、多少の変更はあります)

・エマージェンシーファーストレスポンス

1日目

午前、
または午後

事前学習の確認、救急スキルの練習、認定書類の記入

4.コース料金に含まれるもの

 講習費、申請料、必要教材費、飲物、ホテルへの送迎(レンタカーの方はご相談ください)

5.準備していただくもの

 Cカード、ログブック、筆記用具

6.ご予約は?

 ご予約、お問合せは、問合せ&予約フォームまでお願いします<(_ _)>