ダイブマスター(DM):PADIステップアップ

ダイブマスターからはPADIのプロフェッショナルメンバーの仲間入り。

「リフィーダイビングクラブ」沖縄のダイビングライセンス講習はおまかせ

沖縄でダイビング、PADIライセンススクールは「リフィー」

ダイビングのプロフェッショナルとしての第一歩。最短8日間で効率よく終了することもできます。

HOME > PADIステップアップ > ダイブマスター

ダイブマスター(DM)

ニシキフウライウオ マダラエイ ニシキウミウシ

■ダイブマスター

ダイビングライセンスコース名

最短
日数

ダイブ
本数

コース料金
(税別)

詳細

・ダイブマスター

6日〜

8本〜

138,000円〜

 PADIプロフェッショナルダイバーの資格です。ダイビングショップでスタッフとして働くことができます。認定には60本のログが必要になります。本数消化ダイブをご希望の方はお問合せください。また、プロメンバー登録申請料(21,000円)は別途必要になります。

1.ダイブマスターとは

・ダイブマスター(DM)とは、PADIにおけるダイビングのプロフェッショナルの最初のライセンスです。
・このダイビングライセンスを取得することで、スキンダイバーコースの実施、体験ダイビングの実施などができるようになり、ショップで働くこともできます。
・ダイブマスターからは、PADIプロメンバーとして登録され、様々なトレーニング情報を受け取ることができます。
・プロとしてダイビングショップで働くためのPADIメンバー賠償保険に加入できます。(沖縄のショップで働くには潜水士が必ず必要になります)

2.どんなことをやるの?

・大きく分けて3つのセッションからなります。
 @スタミナ開発
 Aスキル開発
 Bインターンシップ
@では、400m水泳、800mスノーケル、15分立ち泳ぎ、200m疲労ダイバー曳航があり、それぞれ基準タイムがありそれをクリアする必要があります。
Aでは、オープンウォーターダイバーでやったスキルをデモンストレーションできるレベルまで練習します。そのほか、水中マップ作成、水中器材交換などがあります。
Bでは、実際のPADIライセンス講習にアシスタントとして参加いただき、ダイブマスターとしての役割について勉強します。

3.参加前条件

・18歳以上の健康な人。参加にあたり、病歴診断書の2枚目のページ下部に医師の同意サインが必ず必要になります。
・PADIレスキューダイバーを取得し、過去24ヶ月以内にEFRのトレーニングを受けていること。EFRの期限が切れてしまっている場合はアップデートコースを受講下さい。(3時間程度、税別10,800円)
参加前条件として20ダイブ以上のダイビングログが必要になります。また、コース終了後のダイブマスター認定の条件として、60ダイブのログの証明が必要になります。経験本数がコース終了時でも60ダイブに満たない場合は、お得な料金でダイビングができる60ダイブまでの本数消化ダイビングも実施しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。
ナイトダイビングの経験は参加前条件ではありませんが、コース終了後のダイブマスター認定の条件になります。まだ、経験の無い方はお問合せください。
・参加にあたっては、2週間程度(1日4時間)の自主学習が必要になります。申込みが完了した時点で自習用教材を送付致しますので、開始日までに必ず仕上げてきてください。

4.サンプルスケジュール(海況状況、天候により、多少の変更はあります)

・ダイブマスター

1日目

オリエンテーション、参加書類の確認、事前学習の確認

2日目

OW限定水域のアシスト、エグザムの実施

2日目

OW海洋実習のアシスト、学科の確認

3日目

OW海洋実習のアシスト、学科の確認

4日目

水中スキル評価、スタミナ評価、エグザムの実施

5日目

継続教育コース(AOW、SP)のアシスト、エグザムの実施

6日目

ファンダイビングのアシスト、水中ツアーの実施、水中地図作成、クロージング

 ※あくまでサンプルになります。海洋状況、予約状況などにより、随時変更致しますのでご了承下さい。

5.コース料金に含まれるもの

 講習費、必要教材費、保険料、フルレンタル器材費用(タンク、ウエイト含む)、那覇市内ホテルへの送迎
 ※講習中のボート乗船代(5,000円〜7,000円)は含まれておりません。

6.準備していただくもの

 Cカード、ログブック、タオル、水着(服の下に着用してきていただきます)、OW・AOW・REDマニュアル、筆記用具

7.ご予約は?

 ご予約、お問合せは、問合せ&予約フォームまでお願いします<(_ _)>
   詳細なコース案内資料を送付させて頂きます。