沖縄那覇ダイビングショップ、ライセンス取得はリフィーダイビングクラブ

「リフィーダイビングクラブ」海日記

沖縄のダイビング、PADIライセンス取得は「リフィーダイビングクラブ」

HOME  > 海日記アーカイブ(記事検索ページ) >   2008年5月 > 海日記(2008年5月6日)

海日記(2008年5月6日)

■サンライズ

今日は超早朝から沖縄中南部・砂辺にエントリー。
なんと朝の5時28分エントリーは日の出前。

エビ、カニ類はすっかり引っ込んでましたが、
魚はまだまだ寝ぼけなまこ。
クマノミもこのとおり、卵をほったらかしてお休み中。


日が明けてからはレスキューダイバーコースの開催です。
ダイブ中に起こる、突然のトラブルを解決していただきます。

日中は珍しいコヤナギウミウシを発見。
キレイなトゲトゲがチャームポイント。


沖のカクレクマノミは被写体にぴったり。
カメラを向けるとちゃんとよって来てくれますよ。


岩陰にはナイトダイブでも見られなかったイセエビ。
これはカノコイセエビといってやや小ぶりです。


砂地にはヒレナガネジリンボウのペア。
最近、ずっと見かけていなかったのですが、
夏本場へ向けて、またまた戻ってきた模様です。


イロブダイの幼魚。
小さいうちだけがダイバーに注目されますが…。


どこに魚がいるかわかりますか?
砂辺にはあちらこちらで見られるオニカサゴ。
もちろんノータッチの危険生物です。


で、レスキューダイバーコースのほうはばっちり。
うねりにもまれながらも、事故者を無事救出!
これでいざというときに頼れるダイバーがまた一人誕生です。

次回はついにマスタースクーバダイバー認定ですか〜。

※他の日付については、海日記(2008年5月)をご覧下さい。
※コメントはgooブログ版海日記をご覧下さい。