カメラについて(2006年5月29日)

水中カメラのご紹介。スペックだけでは語れないものがありますね。

「リフィーダイビングクラブ」沖縄のダイビングライセンス講習はおまかせ

沖縄でダイビング、PADIライセンススクールは「リフィー」

水中カメラのご紹介。SEA&SEAは自信を持っておすすめできる逸品です。

HOME > 海日記アーカイブ > カメラについて(2006年5月29日)

海日記

■カメラについて(2006年5月29日)

今日はおすすめ水中用デジタルカメラのご紹介。

水中カメラメーカーSEA & SEAから発売の、
デジカメと水中カメラがセットになったDX8000Gがおすすめです。
http://www.seaandsea.co.jp/dx8000g/index.html

一番の特徴はシャッターボタンを押してから、
シャッターが落ちるまでのタイムラグがとっても短いのです。
水中デジカメを持っている人なら誰もが経験してると思うけど、
ここぞという瞬間にシャッターを押しても、
シャッターが落ちる頃にはお目当ての魚はもういないという状態。
そんなイライラがこのカメラだと解消されちゃいます。
ハウジングとカメラ

カメラレンズ

あとは、なんとこのカメラ、シャッターを一気に押しても、
かなりの高確率でピントの合った写真が撮れます。
だから、突然の大物登場でもシャッターチャンスを逃しません。

水中用ハウジングのほうは、さすが専門メーカーだけあって、
とってもいい作りこみになってます。
ストロボの写りこみ防止の拡散板は、
被写体に接近してのマクロ撮影に大活躍。
あと、Oリングがハウジングの側面に設置されるので、
水密の信頼性がとっても高いです。
一応、最大水深も業界最高レベルの55m。
ハウジングアップ

Oリング

もし、水中カメラを買い換えようかなぁって思ってる人、
また初めて水中カメラを買ってみたいって人にもお勧めです。
ちなみに、リフィーのレンタルカメラはこの製品になりますので、
購入前に試しに使ってみるのもいいかもね〜
キレイな海をバシバシ撮ってみてちょうだい。