ライセンスCカード取得|PADI・少人数制・お一人様大歓迎

ダイバーになるための最初のライセンス(PADI Cカード)のご紹介。

「リフィーダイビングクラブ」沖縄のダイビングライセンス講習はおまかせ

沖縄でダイビング、PADIライセンススクールは「リフィー」

美しい沖縄の海でダイビングライセンス取得。少人数制でしっかりサポートいたします。

HOME > ライセンスCカード取得

ライセンスCカード取得|PADI・少人数制・お一人様歓迎

クマノミ ライセンスCカード お一人様も大歓迎

ダイビングライセンスCカード取得コースの最新情報は下記のページからご覧下さい。

ライセンスCカード取得|沖縄の少人数ダイビングライセンス「リフィー」

■ライセンスCカード取得コース一覧

ライセンスコース名

最短
日数

ダイブ
本数

コース料金
(申請料・税別)

詳細

・ライセンス(PADI Cカード)取得
  ( オープンウォーターダイバー・事前学習有り

2.5日

4本

25,000円

・学科も安心!ライセンス(PADI Cカード)取得
  ( オープンウォーターダイバー・事前学習無し

3日

4本

35,000円

-

・PADIスクーバーダイバーからアップグレード
  (オープンウォーターダイバー)

1.5日

2本

18,000円

-

1.ダイビングライセンスカード(Cカード)とは

・PADIが発行するライセンスCカードは、沖縄はもとより世界中どこの海でも通用する認定カードです。
・このライセンスを取得することがダイバーとしての第一歩であり、バディ(友人)同士で安全にファンダイブを楽しむことができます。
・担当インストラクター1名につき生徒は4名様までの完全少人数制。お客様のペースに合わせて講習を進めます。(PADI基準では最大8名、沖縄県条例では6名まで)
・体力に自信の無いご年配の方やお一人様でコースにお申込みの方も大歓迎です。(追加料金は一切ございません)
・当店ではご参加頂いた75%以上の方が、体験ダイビングもやったことがない全く水中が初めてという人です。
・最初は足がつく深さのところからスキル練習をスタートし、徐々に水に慣れていっていただきます。あまり泳げないという方も安心してお申込みください。

2.参加前条件

・15歳以上の健康な人。現在の健康状態に不安な方は、病歴診断書を事前に確認してください。
・病歴欄に該当項目のある場合であっても、医師の同意が得られればコースへ参加することができますよ。事前に上記様式の2枚目最下部に医師のサインを頂いてきてもらえばOKです。
最短3泊4日の沖縄旅行でダイビングライセンスを取得することが可能です。(到着日:事前学習の確認、2日目:海洋実習、3日目:海洋実習)
・ご参加にあたっては、沖縄での講習がスタートする前に5〜6時間程度の自主学習が必要になります。お申込みが完了した時点でご自宅まで事前学習用教材を送付致します。(送料無料)
・ライセンスCカード取得コースは課題スキルがしっかりとマスターできるようになるまでおこないます。事前学習をやってこられた方で、沖縄滞在中にコースが終了できなかった場合は、半年以内であれば無料で追加講習を受けることができます。
・学科講習、水中でのスキル練習が順調に終了すれば、3日目は「青の洞窟」で有名な真栄田岬を潜れる恩納村からのボート講習が可能です。片道5分〜10分程度、1ダイブ毎に帰港し陸上で休憩することができるので、船酔いを気にせずボートダイビングを楽しむことができます。ご希望の方は、コース料金に追加5,000円(税別)/人(恩納村方面)になります。(現地申込みでも受付けております)
・事前学習に不安のある方、講習スタートまでにお時間が取れない方には、丸一日かけて学科の内容を全て現地(沖縄)にて行うコースもございます。その場合は、初日が朝から夕方までみっちり学科となります。
・ライセンスを取得した後はさらにランクアップ。 PADI上級コースとしては アドバンスレスキューダイバー、そして ダイブマスター。 各種スペシャリティーコース( ディープドリフトナビゲーションPPB水中フォトマルチレベルデジタルフォト)も当店では開催しております。 アマチュアダイバー最高ランク・マスタースクーバダイバーを目指してダイビング道を極めることもできますよ。

3.泳げない方、初めてのダイビングに不安な方へ

・これからご紹介することを参加前に練習してきていただければ、海洋実習をスムーズに進めることができます。
・まずはなんといっても「水に慣れる」こと。洗面器に水を張り、顔をつけて目を開ける練習をしてみてください。水に対する恐怖心が和らぎます。
・ダイビングで一番重要なのは「耳抜き」。これは耳の鼓膜を自分の息を使って外側へ押し返すテクニックです。鼻をつまんでいただき、鼻をかむ要領でゆっくりと息を鼻に送り込みます。 鼻と耳は耳管でつながっているので、息を鼓膜まで送り込むことができます。耳がパスッ、プスッなど何か音がすれば出来ている証拠です。 大抵の人は両耳同時に耳抜きができるのではなく、抜けやすいほうが先に抜け、さらに息を送り続けているともう片方も後から抜けるようになります。。
・最後はなんといっても「口呼吸」。ダイビング中はずーっと口で呼吸することになります。ウーの口にしてもらって、吸うときはストローで水を吸い上げるように、 吐くときも同じようにストローで水をブクブクするような要領でゆっくりと吐き出します。普段の鼻呼吸よりもリズムが早くならないように注意してください。
・以上の3点をばっちり練習してくれば、楽しい水中世界が待っていますよ。

4.サンプルスケジュール(海況状況、天候、ボート帰港時間により、多少の変更はあります)

・ライセンス取得コース(PADI Cカード取得・事前学習有り)

1日目
【学科のみ】

午前

〜沖縄へ各地から到着(飛行機にて)〜

夕方or夜

自前学習の確認、クイズの実施(10問4択×4セッション)、器材セッティング

2日目
【海洋実習】

午前

浅場でのスキル練習、立泳ぎ&スノーケル、海洋実習@、A

午後

学科の補足、ファイナルエグザム(50問4択)

3日目
【海洋実習】

午前

海洋実習B、海洋実習C

午後

認定書類の記入

4日目

-

フリータイム  〜沖縄から各地へ帰着(飛行機にて)〜

※海洋状況、お客様のスキル達成度合いにより、予定を変更する場合がありますのでご了承下さい。
ダイビング終了後、18時間は飛行機に搭乗できませんのでご注意ください。
※事前学習有りのライセンス取得コースで夜から学科講習を希望する場合、最終開始時間は19時まで受付けています。飛行機の関係などで間に合わない方は、お問い合わせください。
※学科も安心!(事前学習無し)ライセンス取得コースの場合は、初日が朝から夕方までみっちり学科講習になります。受講にあたっては、前日から沖縄入りしていることが必要になります。

5.コース料金に含まれるもの

 申請料、講習費、教材費(送料含む)、傷害保険、飲物、フルレンタル器材費用(タンク、ウエイト含む)、
 那覇市内、空港への送迎(レンタカーの方はショップ集合、または現地海洋集合となります)

6.準備していただくもの

 タオル、水着(服の下に着用してきていただきます)、お金(ランチ代程度)、筆記用具
 ※証明写真についてはこちらで撮影、プリント致しますので不要です。

7.ご予約は?

 ご予約、お問合せは、問合せ&予約フォームまでお願いします<(_ _)>